ウィキペディア、フリー百科事典から







・お茶など、水分がむせて飲みづらい方用でトロミなしで、楽に飲みやすくなりました。
・実際の介護の中で考案された介助用食器です。

・赤いフタの「スープ・お茶用」は一滴ずつゆっくり飲ませることができる水量調整器が付いています。
・お茶など、水分がむせて飲みづらい方用でトロミなしで、楽に飲みやすくなりました。
・口元がゴム製になっており、水量が調節できるため、むせにくいのが特長です。

・ノズルゴムをくわえてもらい、声かけして少しずつ飲ませてください。
・手術後の方にも最適です。上を向いたまま、自分で飲めます。
・倒れても中の液がこぼれない構造です。

・ラクに使えてこぼれにくい。飲料も流動食も、ラクラクゴックン。
・スープやお茶等がむせて飲めない方に。
・水量調節器が片手で扱えてらくに飲めます。
・倒しても中のものがこぼれません。

【ご注意】
1.ノズルゴムの洗浄は手もみで洗浄してください。絶対にブラシで洗浄しないでください。ゴムに傷がつきます。
2.洗浄力の強い洗剤では材質の樹脂が劣化する恐れがあります。水でしっかりとすすいでください。

らくらくゴックン QA

Q:らくらくゴックンにはどのような特長があるの?
A:らくらくゴックンは、食事介助で困っている方用の食器です。
食事時間をかけても十分な量を食べさせられない、口を開けない、スプーンを噛む、水分でむせて飲ませられないなどでお悩みの方のために開発されました。

Q:赤いフタと青いフタとで違いはあるの?
らくらくゴックンは、用途に応じて2種類のバリエーションを用意しています。
・サラッとしたスープやお茶などの水分を飲ませるための、赤色のフタの食器
・ドロリとしたおかゆやミキサー食を食べさせるための、青色のフタの食器

Q:水分はむせずに飲ませられるの?
A:らくらくゴックンは、食事介助で水分がむせて飲めなかった方のために開発されました。
水分を調節しながら、ゆっくりと一滴一滴飲ませると、トロミがなくてもむせにくく飲ませやすくなります。
コツとしては、ノズルゴムをくわえてもらい、口を閉じさせることがポイントです。
口を閉じると喉の奥が締まっていますので、声掛けしながら一滴ずつ飲ませるとスムースにいきます。
事前に皿の上などに一滴ずつ出す練習をしておけば、レバーの加減をご理解いただけるかと思います。

Q:ゴムを噛む癖がある人にはどうしたらいいの?
A:慌てて引っ張らず、ゴムを軽く揺さぶり、放してくれるのを待ちます。



●サイズ/直径6.7×高さ10.3cm

●容量/250mL

●重さ/125g

●材質/ポリカーボネート、シリコンゴム

●生産国/日本

●食洗機可

●乾燥機可(120℃)

●電子レンジ可

その日の絵